Ads $50

Japan

米メタ、「チャンネル」150カ国超で ワッツアップの機能拡充

米メタ、「チャンネル」150カ国超で ワッツアップの機能拡充

- 交流サイト(SNS)最大手の米メタ(旧フェイスブック)(META.O)は13日、人気対話アプリ「ワッツアップ」で著名人やスポーツのチーム、オピニオンリーダーらの投稿が閲覧できる「チャンネル」機能について、近く150カ国以上で利用できるようになると明らかにした。

... Read More...
植田総裁、年末にもマイナス金利解除発言の真意を探る=熊野英生氏

植田総裁、年末にもマイナス金利解除発言の真意を探る=熊野英生氏

- 長期金利が0.7%台まで上昇した。2014年以来のことである。きっかけは、植田和男総裁の発言である。9月9日付読売新聞朝刊のインタビューでは、今年末利上げの可能性への言及があった。「来年(2024年)の賃金上昇につながるか見極める段階だ。十分だと思える情報やデータが年末までにそろう可能性もゼロではない」と述べた。

... Read More...
岸田首相が内閣再改造、全19閣僚中13ポストを入れ替え

岸田首相が内閣再改造、全19閣僚中13ポストを入れ替え

- 岸田文雄首相(自民党総裁)は13日、第2次岸田再改造内閣の顔ぶれを固めた。松野博一官房長官が閣僚名簿を発表した。松野長官、鈴木俊一財務相、斉藤鉄夫国土交通相などを留任させた一方、外相に上川陽子・元法相、防衛相に木原稔・元首相補佐官を起用。全19閣僚のうち13ポストを入れ替える大幅な改造となった。

... Read More...
改造内閣の経済対策、解散にらみ水ぶくれも 需給ギャップに下方圧力

改造内閣の経済対策、解散にらみ水ぶくれも 需給ギャップに下方圧力

- 岸田文雄首相が内閣改造・党役員人事に踏み切ったことで、今後は取りまとめを急ぐ経済対策の中身が焦点となる。財政支出を正当化してきた需要不足は2023年4―6月期に解消したが、その後成長率そのものが下方改定され、再び下押し圧力にさらされかねない。衆院解散・総選挙をにらみ追加歳出を求める声が強まることも予想され、水ぶくれの対策となる懸念は拭えない。

... Read More...
X Close